2016年11月19日

スキー同窓会は、雪がなくても大騒ぎ!


あの「濃ゆい」時間を共有した仲間との
久々の飲みは、変わらずに濃ゆかった。


1980年代後半に大ヒットした映画『私をスキーに連れてって』、通称「わたスキ」。原田知世ちゃんの白いスキーウェアが一世を風靡し、「トレイン」で前後に連なりながらキャーキャー滑る男女の姿を多く見たものです。

昨年11月に六本木「DORA」(我々の先輩のお店です)にて開催された、体育会スキー部およびスキーサークルによる「92スキー同窓会」は、「わたスキ」の映像をイントロにして始まりました。
この作品は、我々「トレンディ」(not 斎藤さん)なスキーヤーを象徴する映画といっても過言ではないのです。

「○○(個人名、サークル名)スタート10秒前、
5、4、3、2、1、それワッショイ!」
「そ〜〜れ、ワッショイ! ワッショイ!」


received_1257172994362308.jpeg
<テーブルの上に、塾生注目!>

なぜサークル毎の自己紹介で、ビールの入ったグラスが何杯もスタンバっている?日頃は大人として否定している「イッキ」のコールに、なぜここまで血が騒ぐ??そう、雪山に青春を捧げた我々は、トレンディとは真逆の「スキー馬鹿」ばかりでした。

オフシーズンは、「イメトレ」と称して日吉の銀杏並木をストック両手に脳内にシュプールを描きつつスニーカーで駆け下り、シーズンに入れば年間40〜50日を雪山で過ごすのは当たり前、逆さパンダは名誉の勲章。
毎年3月に開かれていた基礎スキーの大会「慶應デモンストレーションスキー競技会」や競技スキーの大会「全塾大会スキー競技会」に参加していた各団体のメンバーは、スキーに極めて真摯に向き合う、志を同じくする仲間だったのです。

だけどその分、一度お酒が入ったときの激しさといったら。。。(以下自粛)。

received_1257173284362279.jpeg
<もう、楽しいったらありゃしない♪♪♪>

「92スキー同窓会」は三次会まで続き、お開き時はあの頃のように記憶がほぼなくタクシーで帰宅する人も。

「スキー」名義で、3月18日の大同窓会でのグループ記念写真撮影枠も既に申し込み済みです。ニューオータニでは「そーれ、ワッショイ!」のコールは響かせないように気をつけないとね、みんな。

received_1257173511028923.jpeg
<この日は欠席だった人も、3/18には集まろう!>

【執筆】大好(兒玉)類さん(アイデンティティ・文)


■今後の同窓会イベント■
★これから行われる同窓会イベントを知りたい、参加したい人はコチラ

★これから行われる同窓会イベントを登録・告知したい人はコチラ

1992年三田会公式ホームページはコチラ

Facebook 慶應義塾1992年三田会グループはコチラ
※非公開グループです。初回に参加申請が必要です。
posted by 1992mitakai at 15:30| Comment(0) | イベント開催報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。