2016年12月04日

皆で応援! 秋の慶早戦観戦イベント開催


初めての友だちも一緒に、
全力で母校野球部を応援!



IMG_0362.PNG


「同窓会」といえば、昔懐かしのメンバーとの再会の場というイメージが強いもの。
「変わらないねー!」で始まり(そんなはずないのに!)、若気の至りの思い出馬鹿話、あの時の真相暴露話、近況報告をしているうちに、あっという間に3時間経過!
というのが一般的な同窓会のイメージですよね。

ところが、1992年三田会の同窓会イベントはちょっと違うのです!

10月30日(日)に行われた、「東京六大学野球秋季リーグ慶早戦観戦」。
元応援指導部主将木口信司くん(政治)が学生席チケット50枚を用意してくださって、心より感謝!
木口くんとは、春の慶早戦イベントで知り合いましたが、今はもう、「よっ!」「どうも!」と、すっかり仲良しに。

さて、私たちが慶早戦観戦をした学生席は、「お酒飲んじゃダメ!」「立って、座って!」「脱帽して静粛に!」「歌って!」など、応援指導部の学生くんや可愛いチアリーダーたちのリードにしたがわなくてはなりません。

ビール片手に「あのショートいいね〜、こっち向いてくれないかな〜」とか「なんでこの子がうちの子じゃないんだろう?」など、勝手なこと言いながら、のんびり観戦しているひまはありません!
でもその代わり、応援に参加することで、私たちがちょっと忘れていた「愛校心」を強烈に掻き立てられるのです。

伝統や儀式って厳かなんだけれど、うっかり笑ってしまいそうな瞬間がありますよね。
秋の慶早戦も同様でした。
でも、その伝統や儀式を大真面目に青春かけて一生懸命守り、実行する学生たちの姿は、スレた(?)“おばさん”“おじさん”の胸をも熱くし、心を動かすものでした。

「そうだ!私は慶應義塾の卒業生だったんだ!」
「全力で応援しよう! 慶應義塾を応援するのだ!」

と、ほとんど忘れかけていた応援歌や塾歌を、そらで歌えるかのように歌い、寒かったけれど、立ったり座ったり全力で応援がんばりました。

試合結果はまあいいじゃないですか!
春も秋も、1992年三田会で観戦した日に試合に負けたことは、些細なことなのです。
でも、今シーズンは第2位だったので、来シーズンは優勝狙いたいですね!

そして、この慶早戦観戦イベントで、私のFacebook同期友だちが4人も増えました。
そう、1992年三田会の同窓会イベントは旧交を温めるだけじゃなく、新しい友だちも増えるんです!
これは本当に楽しい経験でした。

このような公式同窓会イベントを企画運営してくださった同期の皆さんに、厚く、そして熱くお礼を申し上げたいと思います。

【執筆協力】永幡祥子さん(文)


■今後の同窓会イベント■

★これから行われる同窓会イベントを知りたい、参加したい人はコチラ


★これから行われる同窓会イベントを登録・告知したい人はコチラ



1992年三田会公式ホームページはコチラ

Facebook 慶應義塾1992年三田会グループはコチラ
※非公開グループです。初回に参加申請が必要です。

posted by 1992mitakai at 01:20| Comment(0) | イベント開催報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。